借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

20代の債務整理体験談:独身男性が借金を親に知られたことがきっかけで債務整理を決意!

f:id:tmkai2:20170927001929j:plain

債務整理時の個人情報

  • ペンネーム:近藤さん
  • 年齢:27歳
  • 性別:男性
  • 家族構成:独身・一人暮らし
  • 住所:東京都
  • 職業:深夜アルバイト・深夜品出し業務
  • 年収:250万円

 

f:id:hirohiro5470:20170902081925j:plain

 

債務整理情報

  • 借入先・種類:消費者金融(サラ金)
  • 債権額:232万円
  • 利用したサイトや法律事務所:司法書士法人新宿事務所・アディーレ法律事務所

 

借金することになったきっかけ

f:id:tmkai2:20170926013421j:plain

今から6年前の24歳の頃です。

もともと舞台役者をして活動していたのですが、役者仲間からアムウェイ(ネットワークビジネス)の話がきました。

「製品の質もいいし、ビジネスプランもすごくいいから絶対に稼げる。これで経済的自由と時間的自由の両方がバランスよく手に入るよ」と言われ、その話に飛びつきました

そこで早速、アプラスでクレジットカードを作成するように先輩から指示され、言われるがままにカードを作成しました。

枠は50万円だったと思います。

そのカードで約15万円の浄水器と約20万円の鍋を購入して、35万円の借金をしました。

それ以降は歯止めが効かなくなり、次から次へとクレジットカードを作成してはカードを切って、気づけば200万円以上の借金になっていました。

債務整理しようと思った一番のきっかけ

f:id:tmkai2:20170927002110j:plain

毎月の返済が10万円を超えていて、その時の僕の収入源は日雇いのアルバイトでもらう日給1万円でした。

なんとか返済を続けましたが、それでも次第に生活がきつくなっていきましたし、借金を返す為に仕事をしているようで次第に精神的に病んでいきました。

そんな日々が続いたことでうつ病とまではいきませんでしたが、もう布団から出るのが嫌になってしまい、これまでのペースで仕事を続けるのが困難になってしまいました。

そしてそこから返済の滞納が続きました。

滞納が続いたことで、督促の電話が鳴り止まなくなり、さらにそれでも電話を無視していたら、今度は実家の両親の元にカード会社から電話がいくようになり、親から叱られ、それでもうこのままでは駄目だと思い、債務整理をしようと決めました。

法律事務所での相談から債務整理手続き完了まで

f:id:tmkai2:20170927002222j:plain

まず初めは「司法書士法人新宿事務所」に電話をかけて債務整理の相談をしました。

電話での相談の後に実際に事務所に足を運んで、そこではスタッフの方が親切に説明してくれて債務整理の手続きを進めてもらいました。

ですが、初めは順調だったんですが、途中で僕が債務整理に必要な費用さえも払えなくなってしまい滞納して、結局途中で契約を打ち切られてしまいました。

そこで次にアディーレ法律事務所にいき相談しました。

ここでも親切に対応していただき、後払い制度を使わせてもらったので、支払いも問題なく続けることができました。

実際に裁判所に行ったこともありませんでしたし、こちらの希望をしっかりと理解してくれてアディーレさんが対応してくださったので感謝しています。

債務整理して良かったこと、不便に思ったこと

f:id:tmkai2:20170927002337j:plain

債務整理して良かったことは、毎日毎日借金のことを考えずに暮らせるようになったことです。

いつも頭の中に借金のことがあった時は、正直、何をしている時も楽しさを感じませんでした。

息苦しさしか感じていませんでした。

でも債務整理で金額も少し減りましたし、何より滞納している、社会に迷惑をかけてしまっているという後ろめたさが消えたことは精神的な負担を軽くすることに繋がりました。

不便に思ったことは、やはりクレッジットカードが使えなくなってしまったことです。

ローンが組めないというのはきついです。

債務整理経験を振り返って思うこと

f:id:tmkai2:20170927002447j:plain

債務整理をしたことで、目を背けたいことから目を背け続けて、逃げ続けてもいいことは一つも無いなと改めて痛感しました。

そして、怖くても目を向けるべきことに目を向け始めた瞬間に問題は少しずつでも確実に解消していくことができるんだと感じました。

この経験はお金の問題だけでなくて人生における全ての問題に対して当てはまることなので、今回の債務整理で学んだことは、今後の人生においてすごく大きい財産になったと感じています。

また、両親への隠し事を打ち明けるチャンスにもなり、勇気を出して嘘をついてきたことを謝ったので親子関係も深まりました

これから債務整理をする人へのアドバイス

f:id:tmkai2:20170927002703j:plain

債務整理をすることは、自分が情けなく思えたり、恥ずかしくなったりと、できることなら目を背け続けたいことと向き合わざるを得ない行為なので、精神的にかなりきついと思います。

けれど、実際は怖いのは最初だけです。

むしろ向き合わず、債務整理をしないから、いつまでも怖い状態が続きます

だから、もし悩んだいる人がいるのだとしたら、今すぐに債務整理の相談をするといいと思います。

債務整理をすることで、今の悩みや恐怖があっという間に消えてしまうので、勇気を出して一歩踏み出してみてください。

 

信頼する知人からの紹介ということで話を信用し、気付いたら大きな負債を抱えてしまい、毎日精神的にも肉体的にも追い込まれて苦しい日々でしたね。

一番身近な存在の親に借金の存在を知られたことがきっかけで債務整理を決断したとのこと。お金の話はなかなか他人にはしづらいことです。自分がどうしようもなくなったとき、あなたのために厳しい言葉をかけて手を差し伸べてくれる存在はありがたいですね。今ではいい関係が築けてよかったですね!これからもがんばってくださいね!