借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

見ると得する!借金返済シミュレーションで大事なポイント

f:id:exzard314:20170702074920j:plain

今の日本においては、ほとんどの人が何らかのクレジットカードや銀行カードを持っているのではないでしょうか? 銀行に限らず、消費者金融などでも広く使えるカードを発行しており、そのほとんどが全国のほとんどのコンビニや公共施設などにあるATMでいつでも使用可能です。 ですから、ちょっと急な出費が入った時などに、手近なATMから簡単にキャッシングすることができるわけです。

 

借金を申し込むといった感じではなく、もっとカジュアルな感覚の行為です。 こういった各種金融機関のキャッシングにおいては、リボルビング方式を採用している場合が多く、毎月の返済額は返しやすい額でしかも一定なので利便性は高いです。

 

しかし、何度も頻繁に利用していると、その計算方式が複雑なために、一体今自分は、総額でいくら借金しているのかわからなくなってしまいがちでもあります。 このような時に便利なのが、返済シミュレーションです。

 

ここでは、以下において、借金返済の際に役立つ返済シミュレーションのあれやこれやについて少し掘り下げて考察していきたいと思います。

 

借金の際に、計算が非常に複雑な残高スライドリボルビング方式に対応する返済シミュレーション

消費者金融等のカードを使ってATMでキャッシングという名の借金をすれば、その返済方法として、消費者金融各社が自動的にある方式を当てはめて計算します。 それによって、毎月の返済額も決まってくるわけです。

 

その返済方式として多くの消費者金融やカードローン会社などが採用しているのが、「残高スライドリボルビング方式」という計算方法です。 この方式は、ざっくり説明すると、「毎月返済するリボ払いの返済金額が、借り入れ残高(暫時変更可能)に応じてスライドする仕掛けの返済方式」です。 といっても、こんな説明文を読んだだけでは何が何やらさっぱりわかりませんよね。

 

一般的な、借金をするキャッシングの利用者もこういった残高スライドリボルビング方式などの、消費者金融の計算方式についてはまったく理解していない人も多いと思います。 というのも、この残高スライドリボルビング方式という返済方式は、計算が非常に煩雑で難しいからです。

 

なので、大抵の債務者は自分の借金の残高やどういった具合に毎月利息+元金が減っていってるのか知りたくても、計算が面倒くさくて深くは知ろうとしません。 この難しくて煩雑な残高スライドリボルビング方式の計算を債務者に代わってやってくれるのが返済シミュレーションなのです。

 

借金した時の返済計画を立てるのに便利な返済シミュレーションはどこで手に入る??

前述のように、返済シミュレーションを使えば、借金に対して毎月の返済額がいくらになるのか?また、いくらぐらいの返済額が妥当なのか?返済が完了するのはいつになるのかがはっきりわかります。

 

この借金返済のための、返済シミュレーションで月々の返済額が無理の出ない範囲内の利用額というものを簡単にはじき出すことも可能です。 借金した際に、この返済シミュレーションを使用して計算して、コントロールしながらキャッシングを利用して返済していくのと、まったく返済シミュレーションを使わないで返済していくのでは大きな差が出ます。

 

この便利なツールである返済シミュレーションはどこで入手することができるのでしょうか? どこかに売っているのでしょうか??

 

返済シミュレーションは、各消費者金融やクレジットカード会社のサイトにそれぞれ用意されていて、閲覧者はいつでも利用可能です。 課金もありません。 消費者金融で借金している債務者は、今すぐその利用している会社の公式サイトを訪れて、返済シミュレーションを利用して計算してみましょう!

 

不測の事態で環境が激変してしまって返済不可能だと思われる場合に返済シミューションで可能性を探る

返済シミュレーションが大いに役立つケースとしては、消費者金融に借金をして1年ほどで借金を完済すべく順調に返済していたけど、突然会社にリストラされて失職した、などという時です。 あるいは、会社が倒産してしまったとか、不慮の交通事故に巻き込まれて、働けなくなったうえに、多額の治療費や入院費用がかかってしまう、といった場合もあります。

 

こういった、不測の事態が起こるケースでは、それまで借金の返済計画は当然のことながら頓挫してしましまいます。 定期的な収入が途絶えるからです。 こういった時には、返済シミュレーションであらゆる可能な数値を入力して可能性を探ってみるのがベストでしょう。 完全にアウトではなく、何かまだ返済の道が残されているときには返済シミュレーション通りに返済方法と返済額を変更すれば良いのです。

 

f:id:exzard314:20170702075121j:plain

返済シミューションでどう計算してみても借金返済は絶望的な場合

消費者金融からの借金も複数社に及び、しかもそのどれも利用限度額一杯にまで借金が膨らんでしまう債務者も多いです。 このような債務超過状態に陥った場合でも、一応は、返済シミュレーションであらゆる可能性を模索して計算してみましょう。

 

そして、いかなる数値を入力してどう計算してみても、借金返済を続けていくこと自体が不可能だという答が返済シミューションで導き出された時には素早く諦めましょう。 その場合には、自力での借金返済は物理的に無理だということです。 それに合致した方策にシフトする必要があります。

 

返済シミュレーションでもお手上げ状態なら債務整理を考えよう!

前述のように、返済シミュレーションでいくら計算しても、絶望的に返済する見込みがない場合には、もはや自力での借金返済を続けていくことは不可能だということです。 完全なる債務超過であり、これ以上ズルズル消費者金融などの債権者への借金返済の滞納を長引かせても、何も建設的な結果は生み出しません。 できるだけ早く見切りをつけて、しかるべき法的な借金問題の解決方法へシフトすることが肝要です。

 

その法的な解決方法は、債務整理です。 債務整理には、任意整理や個人再生など各種ありますが、その中で最終手段と呼ばれる手段が自己破産です。 自己破産が成立すれば、免責許可という最強の救済措置を受けることが可能になります。

 

免責許可というのは、ざっくり言うと、今ある借金の原則すべてを合法的に帳消しにできる、返済を免除されるという特例措置です。 いわば、合法的な借金踏み倒しになるわけですが、そのお陰で、借金地獄で生活自体が破綻していた多重債務者もまた0から人生をやり直すチャンスが与えられるわけです。

 

f:id:exzard314:20170702075331j:plain

まとめ

借金をした際の返済の目安を立てるのに便利な返済シミュレーションについて色々と考察してきましたが、いかがだったでしょうか? キャッシングを頻繁に利用する人は、是非その会社の公式サイトを訪れて、返済シミュレーションを利用して、より良い返済計画を立ててください。

www.landandform.net