借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

400万円にまで膨れた借金を返済した人っているの??

f:id:exzard314:20170628180541j:plain

メディアやネットなどのニュースでは、「アベノミクスでバブルを凌ぐしのぐ好景気」なんて見出しがおどる景気の良いニュースが頻繁に報じられます。ですが、正直なところ、庶民にはまったく実感ないですよね? 実際、景気が良いのは法人だけです。労働者階層、特に中小企業や個人事業主などの庶民においてはむしろ生活は苦しくなってきてるのが実態です。

見せかけだけの好景気といえるのではないでしょうか?

このような社会の流れにおいては、非正規雇用の労働者も増大していて、多くの人の賃金は非常に安いのです。

こういった中で、生活を営んでいくには給料だけではどうしても回せていけないことも多く、ついつい色んな貸金業者などに借金をしてしまいがちです。

一度借りてすぐに返しているうちはまだ良いのです。

知らず知らずのうちに借金は雪だるま式に膨らんでいき、気が付いたら債務超過状態になってるなんてことも珍しくはありません。

利子というものは恐ろしいもので、借金の元金が少ないうちはどうってことはないと思っていても、どんどん借金総額が増えて大きくなっていきます。

毎月の利子も家計を大きく圧迫するようになってきます。

ここでは、以下において、そのように借金の額が200万、300万、そしてついには400万円にまで膨らんでしまった債務者で借金を返済した人はいるのか??

また、400万円もの借金を返済した人は、どのような方法で返済したのか?などを具体的に考察していきたいと思います。

 

 

通常400万円もの借金は、消費者金融からが普通

まず、そもそも論として400万円というような高額な借金総額に膨らむ前提として、
個人からの借金は常識的に考えてありえないでしょう。

 

お金に困った状態だから、友人や知人、親や兄弟などといった身近な個人から借りる借金というのは通常2~3万円、多くても5~6万円といったところではないでしょうか?

 

10万円を超える借金は、個人には申し込むのは相当な抵抗があるでしょうし、
また、友人や知人もそこまで額が大きくなると貸してくれないでしょう。

 

なので、200万、300万、ましてや400万円もの借金総額となれば、 その債務者は、複数の消費者金融などの貸金業者から限度額一杯まで借金しているケースがほとんどだと思います。

 

尚、通常のサラリーマン個人の借金総額としては、400万にも及ぶ高額の借金はできない場合が多いと思います。よほど高収入の場合か、もしくは、個人で事業を展開しその運転資金として融資を受けている場合が多いでしょう。

400万円もの借金を一括で返済したケースは稀まれ!分割返済も茨いばらの道…

通常、多額の借金を作ってしまってそれを返済していく際には、一括で返済するのかそれとも分割で返済するのか?という点は基本です。

 

勿論、返せるのであれば、余分な利息を払わなくて済む一括返済が一番良いでしょう。

しかし、その借金の総額が400万というような高額である場合、400万円もの大金を一括で用意できるような富裕層は、そもそも借金などしないのではないでしょうか?

 

ですから、実際にも400万円も借金総額で一括で返済したというような事例はほとんどなく、 返済する意思がある場合でも分割返済が普通です。

 

ですが、この分割返済にしても実際には400万円もの高額の借金総額となると返済したという事例はかなり少なくなってきてしまいます。

 

それは利子のせいです。

 

分割返済には、毎月比較的無理が少なく返済を行っていけるメリットがありますが、借金の元金が400万円というような高額の場合、毎月多額の利息を上乗せして長期に渡って支払い続けなくてはなりません。

 

返済総額は膨大になり,その期間も非常に長くなります。これはずっと苦しい生活が続く大きなデメリットといえるでしょう。

 

f:id:exzard314:20170628180947j:plain

400万円の借金を分割まともに返済した人は10年かかることはザラ

 

400万円という高額な借金を抱えた場合に、分割返済で返済した債務者は、その期間はどのくらいかかっていることが多いのでしょうか?

 

400万円を返済した人は、その期間が10年以上かかった人が多いです。

 

月々5万円程度の支払いであれば、400万円もの高額の元金総額なら、その利息が長い間効いてくるので、軽く10年はかかってしまうんです。

 

これが、借金における利子の恐ろしいところです。なので、400万円もの高額な借金まで膨らんでしまった人で、全額返済した人の割合はとても低くなるわけです。

 

複数の貸金業者や消費者金融から借り入れしている場合には、「おまとめローン」の利用を!

400万円もの高額の借金総額である場合には、まず大半は、複数の消費者金融などの貸金業者から並列して借金しているでしょう。これらを、一つのところにまとめて、利息の支払いを少なくする方法があります。

 

それが「おまとめローン」です。

 

このおまとめローンは借金の元金が大きくなればなるほど一般に有効なので、あくまでも返済したいのなら試してみる価値はあるでしょう。

 

自力での借金返済は不可能だと判断すれば、早めに債務整理の検討を!!

「おまとめローン」などを利用して少しでも支払う利息分を減らして前向きに借金返済していくのは大事なことだと思います。

 

しかし、いかんせん400万円という高額な借金総額、元金総額ともなれば、その毎月の利息分だけでもバカにならず、毎月の支払は非常に苦しいと思います。

 

それでも返済し続けられる収入が確保されているうちはまだなんとかなりますが、収入が減ったりすれば、たちまち債務不履行になってしまいます。

 

そのようにもはや自力での借金返済は不可能だ」と判断せざるを得ないケースになったら、法的な解決策を具体的に講じなくてはなりません。

 

この場合には、債務整理という法的な措置があります。

 

任意整理や個人再生といった手段もありますが、ここまで高額の借金を抱えて身動きが取れなくなるケースでは、自己破産を申し立てるのが一般的です。

 

自己破産が成立すれば、通常の場合、同時に免責許可を受ける事ができます。

 

免責許可というのは、簡単にいえば、合法的に今ある借金全部を帳消しにできるという究極の救済措置です。

 

この免責許可を受ける事によって、また人生を0からやり直すチャンスを与えられるわけです。

 

f:id:exzard314:20170628180810j:plain

まとめ

消費者金融などから400万円という高額な借金を返済した例と、返済が不可能になった債務者のケースなど色々と考察してきました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

一般的に考えれば400万円の借金総額を消費者金融などに借りている場合には、その利息は膨大な総額となり、なかなか自力で返済していくことは難しいと思います。

 

そのようなケースでは、自分で判断せずに、専門家に相談してアドバイスを貰う方が賢明でしょう。

 

現在は多くの法律事務所が借金問題の無料相談を行っており、法律のプロである弁護士などが相談に乗ってくれます。まずは、この無料相談を受けてみると良いでしょう。