借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

消費者金融の借金返済後も自動的に解約にはならない!?

f:id:hirohiro5470:20170620185430j:plain

消費者金融から借金をしている人は世の中にはまだまだ多いと思います。 

この消費者金融からの借金、すべての借金を返済後、すなわち完済した後は、自動的に解約になっていると思っているのが普通の認識だと思います。

でも、実はそうではないんです。

消費者金融からの借金を全額返済後であっても、消費者金融との契約が解約されたわけではないということです。

ここでは以下に、消費者金融からの借金全額の返済後であっても、消費者金融との契約が解約になるわけではない、という事実について考察を進めていきたいと思います。

 

消費者金融の借金完済と解約の違いについて

消費者金融の借金を全部返済後も、消費者金融との契約は残っているって知ってましたか??

消費者金融にある借金を全額返すことを完済といいますが、完済は単に借金を全額弁済した、という意味だけで、=解約ではないのです。

消費者金融の借金を全額返済後も、契約は残っている証拠として、返済後でもいつでもキャッシングできますし、カードローン枠もいつでも使用可能です。

一方、消費者金融との契約を解約する、ということは、借金の残高の問題ではなく、「借り入れ契約それ自体を解除する」という意味なので、借金の返済後でも解約ではないのです。

完全に解約したことになれば、消費者金融のキャッシングもカードローンも一切使えなくなります。



借金返済後も消費者金融と契約関係が続くことのメリットとデメリットについて

消費者金融の借金を頑張って全額返済後も、解約措置をせずに契約をそのままにしていることでどんなメリットやデメリットが生じるのでしょうか?

まず、借金返済後も消費者金融と契約関係が続いていることのメリットは、やはり何といっても相変わらずいつでもどこでもキャッシングサービスが受けられることでしょう。

借金返済後であっても、急にちょっとした飲み会が入ったり、急なご祝儀や香典などの出費で、手持ち不如意の時には、やはり消費者金融のコンビニATMでちょっとキャッシングできるサービスはありがたいものです。

一方、デメリットの方ですが、これは住宅を購入する際に大きなデメリットとして出ます。

それは、住宅ローンを組む場合です。

住宅を購入する際に住宅ローンを申し込むと審査にかけられます。

その審査項目で、消費者金融からの借金を返済後(完済済み)であっても、契約が解除されていないと、住宅ローンの審査は通らなくなる場合があります。

ですから、住宅ローンを申し込む前には、必ず消費者金融との契約は一旦解約手続きをとっておく必要があるでしょう。



消費者金融の借金を全額返済後でも、その個人情報はどこかに残るのか??

消費者金融で借金をして、それを全額完済した後であっても、その借り入れ履歴の個人情報はどこかに残るものなのでしょうか?

また、残るとすれば、どこに、どれくらいの間残っているものなのでしょうか?

実は、消費者金融の借金を全額返済後であっても、その顧客が消費者金融から借金をした記録というものは残ります。

その記録が保存される場所は、消費者金融が加盟している信用情報機関です。

信用情報機関は、銀行系や信販系など合わせて日本に3つほどありますが、消費者金融の場合には、CIC(日本信用情報機構)という信用情報機関の場合がほとんどです。

この信用情報機関に、消費者金融から借金していた履歴は完済日から5年の間はプールされるのが普通です。



借金を全額返済後に消費者金融との契約を解除(解約)したい場合は?

消費者金融の借金を全額返済後であっても、通常の場合は、完済しただけで、その借入契約自体はそのままにしておきますよね。

なぜなら、またいつ何か急な出費があるかもわからないし、消費者金融のカードを使ったキャッシングやカードローンがいつでも使える状態にしていた方が便利だからです。

しかし、前述したように、住宅を購入する際の住宅ローンを申し入れる際など、消費者金融と解約をしていないと困った事態になるケースもあります。

こういった時は、消費者金融との契約を解除(解約)することが先決ですが、どのようにすれば良いのでしょうか?

まず、消費者金融にある借金は完済します。

そして、それぞれの消費者金融の解約の手続きに従って解約を申し込んでください。

どの消費者金融も、会員ダイヤルを持っていて、指示の通りに誘導されれば解約できる運びになっています。

ただし、一旦解約してしまうと、その消費者金融を利用する際には、また1から借入契約を申し込んで審査を受けなくてはならないのでその点は肝に銘じておいてください。

この時に、もし、自分の職種や立場が変わっていたら、以前は問題なくパスしていた審査に通るという保証はありません。

例えば、以前はOLとして自立して収入を得ていたが、新たに申し込む際には結婚して専業主婦になっていた、などというケースでは以前のように簡単に審査は通らなくなります。

解約を申し込む際には、こういった様々な側面や将来の可能性をよくよく考え、自分にとってのメリットとデメリットを熟慮したうえで決断する方が良いでしょう。



借金を全額返済後に、まったく消費者金融を利用せずに放置しておくとどうなる??

消費者金融に借金していたお金を全額返済(完済)後に、その消費者金融のカードを一切使わずキャッシングも利用しなかった場合には契約はどうなるのでしょうか?

通常の場合、完済してから全く取引が無ければ、だいたい3年程度で契約が無効になるようです。

要するに、借金完済後に一度も、その後消費者金融を利用(取引)しなければ、3年経ったらカード持っていても、キャッシングは使えなくなるということです。

もう消費者金融は死ぬまで使わないと心に決めている人や、いずれ解約になった方が都合が良いと思っていた人には願ったりかなったりのシステムでしょう。

しかし、また困った時にはキャッシングを利用したいと考えている人は、この点に注意すべきでしょう。

すなわち、特に必要が無くても定期的に少額でもキャッシングを利用して、取引実績を繋いでおくことです。

消費者金融も使い方次第ではとても心強く助かるパートナーとなります。

賢い付き合い方を心掛けていきましょう!



まとめ

消費者金融の借金を完済することと、解約は違うという点から話を展開してきましたが、いかがだったでしょうか?

消費者金融の借金をたとえ全額返済後であっても、契約自体は消滅していないことがわかりましたね。

住宅ローンの申し込みを行うような特殊な場合は別にして、一般的には消費者金融のキャッシングは手元不如意の際にはとても助かるサービスです。

なので、借金完済=解約にならない方がありがたい人の方が多いでしょうね。

いずれにしても、消費者金融は賢く使えばとても頼れる相棒になります。

上手に利用しましょう。