借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

消費者金融からの借金返済を何とかしたい!!

f:id:hirohiro5470:20170524153624j:plain

消費者金融などでのキャッシングは審査も簡略化されているところが多く、比較的簡単にお金を借りることができます。

しかし、そのイージーさゆえに、気が付けばあちこちの消費者金融に借金が膨らんでいるなんてことはよくありますよね?

ふと気が付けば、もう限度額いっぱいまで借金を重ねてしまい、その決して安くない利息分だけを毎月ダラダラと支払うのに青息吐息の債務者も多いのです。

できることなら、こうした消費者金融の借金は賢く返済したいものです。

ここでは以下に、消費者金融からの借金をうまく返済したい人はどのようにやっていけばいいかを探っていきたいと思います。

 

 

消費者金融の借金が債務超過状態で、返済(支払い)を滞納しがちな時の注意点

消費者金融からの借金が限度額いっぱいになりそういった消費者金融が複数ある場合には、月々の利息の支払いも追い付かずに返済が滞りがちになります。

こういった場合には、注意が必要です。

月々の返済分や利息が払えないからといって何もせずに放置しておけば、督促状の郵便や電話での催促が来ます。

支払いが無いと頻繁に督促はきますし、それでもスルーして放置していたら、保証人になっている親や親族のところに督促がいったり、最悪の場合には、給料や資産の差し押さえを食らってしまいます。

こういった事態だけは何としても避けるべきです。

消費者金融への支払いが滞る場合には、早めの時期に債務者の方から連絡を入れて、支払いが遅れる旨をキチンと伝えておくことが大事です。

ちゃんと事情を説明してから、最低でもいつまでなら支払いが可能だと目途を打ち明ければ、消費者金融側でもその相談に応じてくれるはずです。

スルーや放置だけは最悪の結果しかもたらさないということを肝に銘じておきましょう。

消費者金融からの借金を上手に賢く返済したい人のために心得その1-<支払日を給料日の直後に設定する>

消費者金融からの借金が全然減らないので、工夫してなんとか上手に賢く返済したいと願う債務者なら、基本的にやっておかなくてはならないことをここから紹介していきます。

まず、消費者金融の毎月の支払いは口座引き落としにすること。

そして、毎月の返済日を、給料日の翌日(または当日でも良い)に設定することです。

これだと残高不足で引き落とし(返済)ができないという事態は防止できます。

消費者金融からの借金を上手に賢く返済したい人のための心得その2-<賢く返済したいなら繰り上げ返済を!>

消費者金融からキャッシングしている人の多くはカードでキャッシュディスペンサーで借りて、その返済方法はリボルビング方式にしているのではないでしょうか?

このリボルビング払いは確かにフレキシビリティに富んでいてとても便利な返済方式何ですが、落とし穴でもあるのです。

消費者金融からの借金を返済したいんだけど、なかなか減っていかない、という場合にはたいていこのリボルビング払いが関係しています。

というのも、消費者金融からの借金は無利子ではありませんよね?

消費者金融からの借金(元金)には、必ず利息がつきます。

これが元金の額が増えるとなかなかどうしてバカにならないわけです。

リボルビングはだいたい返せる範囲の額の毎月一定額を返済していきますが、元金が増えれば当然月々の支払額の中の元金返済の割合は減っているのです。

その分、毎月利息分として支払っている額が多くなっているということです。

リボルビング方式などの盲点は、この「増えている利息の額が見えにくい」点です

ですから、消費者金融から借金していて、できるだけ早めに賢く返済したい場合には、債務者の方から少し無理してでも、返済時に繰り上げ返済をすることです。

この努力を毎月数千円でも良いから行うことで、元金は初めて減り始め、並行して利息の額も徐々に減っていきます。

悪循環から好循環に傾くわけです。

このケースにおいても、毎月の返済日を、給料日の翌日に設定しておけば、口座にお金があるため繰り上げ返済もしやすくなるのでオススメです。

賢く借金を返済したい人のために大手消費者金融が用意しているものもある

消費者金融の無計画な利用によって借金が自力で返済できなくなり、自己破産して免責許可を受ける事によって借金をチャラにしてしまう債務者も後を絶ちません。

このような事態は、債権者である消費者金融の側としても忌々しき問題であります。

そこで、大手の消費者金融では、その公式サイト上において、これから借入する人や、すでに借金している人で賢く返済したい人のために、返済シミュレーション(シミュレーター)が用意されています。

毎月の返済額やそのうちの利息額などを簡単に確認することができるのでとても便利です。

アコムやプロミス、アイフルやモビットなど大手の消費者金融であれば、この返済シミュレーションが公式サイトに設置してあるので利用してみましょう。

 

他にも、「住宅保証機構株式会社」が開いているサイトでは、返済額の試算では、かなり詳細な返済額の資産が出来ます。



賢く返済したい人には役に立つはずです。

返済したいけど、それでもどうしても借金返済は無理!という人のために

ここまで、消費者金融からの借金をできるだけ賢く上手に返済したいという債務者のために色んな角度から探ってきましたが、それでも、自分には無理だと判断せざるを得ない債務者もいます。

完全な債務超過によるパンクで債務不履行になる場合です。

この場合には、もはや自力での借金返済は不可能だと思われます。

返済したいけどもう手遅れで借金の毎月の返済も無理という状態であれば、法的な解決策を採るしかありません。

具体的には、自己破産をはじめとする債務整理です。

自己破産すれば通常の場合、同時に免責許可を受けることができるので、合法的に今ある借金はすべて帳消しになります。

こういう末期的な段階の債務者は、自己破産を検討すべきでしょう。

その前に、自分で考え込まずに、まずは、法律の専門家である弁護士などに相談してみることも大事です。

多くの法律事務所においては、借金問題に関する無料の相談窓口を設けているので、一度相談してみるとよいでしょう。

具体的なアドバイスがもらえると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

現在、消費者金融に借金がありなかなか減らない、なんとか上手に賢く消費者金融の借金を返済したいという債務者の方策を色々摸索してみました。

消費者金融の借金も元金が限度額いっぱいまで膨らむと利息の額もバカになりません。

便利な毎月のリボルビング払いも、なかなか借金の元金自体が減っていかないというアリ地獄のような悪循環になりがちな要素を含んでいます

是が非でも、消費者金融の借金を返済したいという人は、少し無理をしてでも繰り上げ返済をすべきだということもわかりましたね。

それでも、どうしても無理だという場合には、専門家に相談して、自己破産などの債務整理の方法を模索することが最後の手段です。