借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

支払不能になった借金は家族が返済しなきゃいけない!?

f:id:hirohiro5470:20170524162656j:plain

世間でよく聞く話の一つに、「妻(夫)が自分に内緒で多額の借金をしていた」とか「家族が莫大な借金が返せなくて泣きついてきた」などというものがあります。

 

最悪の場合には、両親が不慮の事故死などで突然亡くなった際に、実は多額の借金が方々にあって、親が借金した分を子供である自分が返済を迫られる、なんてものもよく聞きます。

 

このような場合、家族が借金した分の肩代わりをしなくてはいけないのでしょうか??

 

家族に変わって返済義務が生じるものなのでしょうか?

 

ここでは以下に、そのような家族が借金した分を返済しなくてはいけないのか?否か?について考えていこうと思います。

 

 

家族であっても借金した分は借金した家族本人の責任

f:id:hirohiro5470:20170724170654j:plain

基本的には、家族の誰かが借金した分は、100%その借りた本人の責任に属する借金であって、借金した本人以外の家族が返済する義務はありません。

 

例えば、家族があまりタチが良くない貸金業者から借金した場合には、その借金の督促行為、取り立てもチンピラじみた威圧的なやり方をとったりする場合があります。

 

こういったケースでも、その他の家族はまったく怯む必要も従う必要もありません。

 

違法行為だからです。

 

家族が毅然として対応すれば、威圧的なチンピラまがいの取り立ても退くほかありません。

 

警察を呼ばれれば、違法行為だからです。

また、親の借金であったり配偶者の借金であっても、その本人が借金した分に関しては、他の家族には返済義務は法的にありません。

 

その点は安心して良いと思います。

 

次に挙げる例外的なケースを除けば、借金した家族に代わって他の家族が借金を返済する義務は一切無いということをまず頭に入れておいてください。

 

借金した家族の保証人に、他の家族がなっている場合は例外

前述のように、基本的には、借金返済の義務は借金した家族本人にあり、他の家族に返済義務は法的に無いわけです。

 

ですが、例外があります。

 

それは、「借金した家族の保証人に家族の誰かがなっている場合」です。

 

この場合においては、借金した家族本人に代わって保証人になった家族が、借金返済の義務を負います。

 

中でも、連帯保証人に他の家族の誰かがなっている場合には、借金した債務者本人が返済が不可能になった場合には、全額借金を肩代わりして返済しなければならない強い支払い義務を負うことになります。

 

なので、家族とはいえ、気安く保証人、特に連帯保証人にはなってはいけません。

 

借金した親が亡くなった場合

一般的に、両親ともに亡くなれば、子供が財産(資産)を相続しますよね?

特に富裕層や、資産家の家庭においては、その遺産相続をめぐって兄弟親類縁者で骨肉の争いが勃発するケースはあちこちで聞いたことがあるでしょう。

 

しかし、この親の遺産というのは、何もプラスの財産だけではないのです。

 

親が借金したまま死ぬと負の遺産=借金が残されるのです。

 

そして、この親の財産を引き継ぐ遺産相続は、プラスの財産だけいるけど、マイナスの財産はいらない!という風に都合よく選択する権利はありません。

 

プラスの財産を相続するのであれば、マイナスの財産(親が借金した分)も相続しなくてはなりません。

 

どうしても、借金を引き継いで返済義務を被りたくない!というのであれば、相続放棄の手続きを行わなくてはなりません。

 

相続放棄をすると、確かに借金の返済義務からは逃れることができますが、その代わり、プラスの遺産である家や不動産などの資産の相続も放棄されるのでまったく貰うことができません。

 

ですから、相続放棄をするのか?または、親の借金を引き継いで返済していくのか?を決めるには、よくよく考えて、プラスとマイナスの財産を比較してみることでしょう。

 

ちなみに、相続放棄の手続きを行う期間は、被相続人の死亡から3か月以内とタイムリミットが定められているので、素早く決定しなくてはなりません。

 

f:id:hirohiro5470:20170524153619j:plain

借金した子供が支払えなくなった場合は、親の責任??

近年、自己破産案件の内容として増加傾向なのが、奨学金破産と呼ばれるものです。

 

これは、大学に進学するために奨学金の貸与を受け、大学を卒業して就職したけど、その就職先がブラック企業ですぐにやめてしまったり、低賃金だったりして奨学金の返還ができなくなるケースです。

 

このような奨学金の償還(返済)が滞ってしまった場合には、通常は親に泣きつくのではないでしょうか?

 

こういった場合、親は子供の借金(奨学金)を肩代わりして返済しなくてはならないのでしょか?

 

結論から言えば、たとえ子供であっても、親が肩代わりして借金返済する義務は法的にはありません。

 

しかし、奨学金に限らず、子供が未成年の状態で借金をした場合には、必ず保証人を立てているわけです。 未成年が借金することはできませんから。

 

なので、親が子供の保証人になっている場合は話が変わってきます。 この場合には、当然子供の借金は親が全額肩代わりして返済しなくてはならない義務が生じます。

 

子供が成人している場合にはこの限りではない借金がほとんどだと思います。

 

つまり、借金の返済義務と責任は、借金した子供本人のものであり、親と言えど、それを返済する義務はない、ということです。

 

家族に迷惑をかけず、八方塞がりなら、専門家に相談して法的な措置を!

このように連帯保証人に他の家族がなっていたり、親の財産を相続したような特殊な場合でない限りは、借金は借金した本人の責任であり、その返済義務は他の家族には無い、ということになります。

 

ですから、借金が返済不可能になったらかといって家族に肩代わりを頼んだりすることは感心しないやり方です。

 

借金が膨らんで債務超過になり、債務不履行を慢性的に引き起こして、もう自力では借金返済は無理だ!と判断した時には、法的な措置を検討すべきでしょう。

 

つまり、自己破産をはじめとした債務整理です。

 

特に、自己破産は、債務整理の最終手段とも言われる債務者の救済措置である免責許可を受けることができます。

 

免責許可を受けることができれば、合法的にすべての借金を帳消しにできて、また0から人生をやり直すチャンスを与えられるのです。

 

なので、借金でにっちもさっちもいかなくなった債務者は、家族に背負わせないで、この自己破産を念頭に策を練ってください。

 

といっても、債務者は法律の素人であり、自分ひとりで考えて行動するのは得策とは言えません。

 

まずは、法律のプロである弁護士のいる法律事務所に相談してみましょう。

 

現在は、ほとんどの法律事務所において、借金問題の無料法律相談を行っているので、利用してみると良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

家族の誰かが借金をして返済できなくなったとしても、他の家族に返済義務は基本的には無い、ということはお分かりいただけたと思います。

 

ですが、例外として、親の財産を相続してしまった場合や、家族の借金の保証人になっている場合には、家族の借金を返済する義務が生じるということも併せて覚えておきましょうね。