借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

借金返済したら病気になる?精神的な副作用について

f:id:exzard314:20170706060318j:plain

長い間、あちこちに借金をしてそれで生活を回していた人が、意を決して借金返済を全部済ましてしまおうという時があります。 借金返済と一口に言うのは簡単ですが、実際に借金返済を完遂してみると色々と大変なことも多いようです。 借金返済以前の借金して回すのが当たり前だった生活と比べると、現代において借金しないで暮らすということは不便のことも多いのです。

 

ここでは以下に、借金返済後のいわば副作用のような生活の変更点や不便になった点などを自己破産後の副作用と併せて考察していきたいと思います。

 

衝動買いができない!

借金返済するまで、基本的に生活全般、キャッシングやカードローン、クレジットなどの借金で回していた人が、それらの借金返済を決めて無借金で生活し始めてからの副作用とは。

 

その副作用の第一は「衝動買いはできなくなる!」という点でしょう。 クレジットカードなど基本的に後払いの借金してショッピングをしていた時には、「あら、これいいわ!」と目に付いたものを衝動買いすることはままあることです。

 

しかし、借金返済後で、借金せずに現金主義で生活していく場合には、これらの衝動買いは一切できなくなるわけです。 なぜなら、現金で買い物しなければならず、手持ちにある分の範囲内の買い物しかできないからです。 買い物欲求の強い人では、かなりストレスの溜まる副作用になると思います。

 

お金が無い時の急なお誘いに付き合うことができない!

借金返済して、その後はカードやキャッシングに頼らず、現金主義で生きて行こうと決めた人の次なる副作用とは。 それは、友人や知人、あるいは会社の同僚などからのランチや飲み会などの急な誘いを断らねばならないという点です。

 

これらの誘いに対して、借金(クレジットカード等)で生活を回していた時には、ちょっとカードローンなどでキャッシングしてランチ代や飲み代を借りて補うことができたわけです。

 

しかし、借金返済後で現金生活していくような人の場合には、これらの急な出費には対応できません。 現金で手持ちの分しか使うことはできないので。 よって、当然のことながら、借金返済後の現金生活では、副作用として「付き合いは悪く」なります。

 

毎日の食事が変わる!?

借金返済を全部終えて、現金で生活していこうとする人の副作用としては、日々の食卓における変化もその一つでしょう。 借金返済後の副作用として、毎日の食事が必要最低限のメニューに変わるという点も挙げられます。

 

借金で生活全般を回していた時代は、外食で少し高めのレストラン等で会食する場合でも、クレジットカードによる決済が多いので、値段を気にせず食べたいものを食べます。

 

一方、借金返済後で、現金主義で生活していく場合には、レストランに入っても、今手持ちにある現金の範囲で食事のメニューも注文しなくてはなりません。 必然的にどうしても、今食べたいメニューよりも、今の手持ちで頼めるお得なメニューという発想になります。

 

これは、スーパーなどで食材を買って、家で調理して食事をする場合でも同様です。 スーパーなどでカード決済で食材を買う場合には、あまり値段を気にせず、調理に必要な食材をポンポン買い込みますが、現金主義だとそうはいきません。 レジで精算するときに、今手持ちの現金の範囲内で足りるように頭で計算して必要最低限の食材しか買わないようになってきます。 これによって、日々の食事の内容がかなり変わってくるのが、食事における副作用でしょう。

 

f:id:exzard314:20170706060500j:plain

精神面で強い不安を抱えてしまう

借金返済して現金主義で暮らすことになったことの副作用として、人によっては精神面のもろさが露呈する人も出てきます。 現金だけで生活することが、不安で不安でたまらないのです。 このような人は「取り越し苦労」であったり「心配性」であったりする性格の持ち主が多いのですが、今までカードによる借金を「何かあったらカードに頼ればいい」とお守り代わりにしていたのかもしれませんね。

 

借金返済後はそのお守りなしで生活していかなくてはならないので、不安と心配で気持ちが常に心が不安定になってしまいます。 急な出費があったらどうしよう、誰かに誘われたらどうしよう、などとお金が必要になる事態をネガティブに考えてストレスが溜まってしまいます。

 

このような副作用の強い人場合には、借金返済した後でも、クレジットカード1枚程度は残しておく方が良いでしょう。 もちろん、借金はしないということは大前提ですが、もし何かあった場合にはいつでも使える、というお守り代わりのカードとしてです。

 

自己破産後の副作用について

借金返済した人のその後の生活における副作用とはどのようなものがあるか?を探ってきましたが、この流れのついでに、自己破産者の自己破産後の副作用についても考えてみましょう。

 

自己破産した人の場合には、自分の意志で借金返済して現金主義になった人とは違い、免責許可で借金を合法的に踏み倒した分、強制的に自己破産後は現金主義で生活することを余儀なくされます。 銀行など金融機関の加盟する信用情報機関に金融事故者情報が記録保持されて、最低でも5~10年の間は、一切のローンを組むこともクレジットカードを作ることもできないからです。 もちろんキャッシングなどの借金もできません。

 

是非に関わらず、自己破産後は現金だけで生活していかなくてはならないわけです。 なので、自己破産後の副作用は、生活全般において今までとは全く違う意識で生きていかなくてはならない、ということです。 自己破産以前は使うことができたクレジットカードも使うことはおろか、作ることさえできなくなるので、浪費や無駄な出費はできなくなります。 借金することは許されない立場なのです。

 

f:id:exzard314:20170706060640j:plain

まとめ

借金返済を終えて現金主義で生きていくことにシフトした際の副作用についてあれこれと考察してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

借金を回す生活は確かに現代においては便利であり、付き合いの多い人などにとってはクレジットカードは必要不可欠なものかもしれません。 なので、急に現金主義に切り替える際には、副作用と呼べるような不便な点、不都合な点も多々出てくるわけです。

 

要するに、人によって、そのあたりをうまくセルフコントロールできるかどうか?が鍵になってきます。 上手にコントロールしていけるのであれば、許容範囲内の借金も必要悪と言えるのかもしれないですね。