借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

借金返済者の大半が失敗している返済方法!

f:id:exzard314:20170717102056j:plain

 

何らかの事情で、毎月借金を重ねて気が付けばいつの間にか多重債務者になっていたということは昨今よく聞く話です。 特に近年では、消費者金融のキャッシングはコンビニのATMで手軽にできるせいか、借金をしているという意識の希薄さに繋がっています。 気付けば債務超過で、毎月の借金返済にも失敗し、借金で首が回らなくなる、などと笑えない状態に陥ったりします。

 

誰もが、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなどでお金を借りる時には、無理ない毎月定額の借金返済だけすれば良い、リボ払いに「これなら楽勝で借金返済できる!」と思うことでしょう。 それが、いつの間にか借金で首が回らず債務超過となり、毎月の借金返済分さえ支払いが滞る債務不履行状態になって、借金返済に失敗してしまう人が多く出るのは何故なんでしょうか?

 

ここでは以下において、借金返済に失敗してしまう人に多い要因を分析します。そのような借金返済に失敗する羽目に陥らないようにするにはどうすれば良いを探っていきたいと思います。

 

借金返済に失敗する人に多い性格

一般的に、銀行や消費者金融などの金融機関から借金の契約を結ぶ段までは、借金返済を滞納してやろう、借金返済に失敗しそうだ、と思って契約する債務者はいないでしょう。 お金を借りる時の心理状態として、借りたお金をどのように使うか、役立てるかばかりに神経が行きがちになり、借金返済については疎かになっている場合が多いのです。 そんな心理状態の時に、毎月の借金返済に関しては、無理のない低額で一定の金額を支払えば良いリボ払いを提示されるので、「この程度の借金返済なら大丈夫!」とタカをくくってしまいがちなのです。

 

借金に対する心理的なハードルが現在では非常に低くなっています。 それは、ほとんどの銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングサービスは、わざわざ店舗に行って借金を申し込まくてもカード1枚あれば、近所のコンビニのATMで気軽に借金ができてしまうからです。 借金するのが簡単なことと借金返済の難易度は確実にギャップがあるのです。物事をあまり良く考えない傾向の人は、リボ払いのハードルの低さにごまかされて、安直に借金返済も考えてしまいます。

 

その結果、1社だけでなく、2社目、3社目と、簡単に借金を作るようになり、気が付けば限度枠いっぱいでもう借り入れはできず、おまけにリボ払いだとナメていた毎月の返済額も莫大に膨らんでいた、なんていうのは借金返済に失敗する王道といっても良いでしょう。 借金返済に失敗する人に多い性格は、このように「物事をあまり深く考えず、直感的なイメージだけで楽観してしまう」傾向が強いです。

 

借金返済に失敗する人にありがちな負の連鎖パターン

このように債務超過に陥ってしまうような借金返済計画に失敗してしまいがちな人(借金返済計画さえそもそも立てていない人も多い)というのは、借金を借金で返すことにも抵抗が無い人がほとんどです。 いわゆる自転車操業状態に慢性的に陥っています。

 

更に、こういった傾向の強い人は、何事も短絡的に考えがちで、目先の事象で行動しがちです。 そのため、消費者金融や貸金業からの督促に恐怖し、それを第一に考えるために、家賃や光熱費、スマホやネットなどの通信料金といったまず第一に納めておかなければならない公共料金を滞納して、借金返済に充てたりします。

 

それが長じると、ライフラインを止められたり、家賃滞納で大家さんに退去を迫られたりするハメに陥ってしまいます。 このような付け焼刃の場当たり的な対処をしても、待っているのは破滅だけです。

 

f:id:exzard314:20170717102112j:plain

借金返済に失敗した人が最もやってはいけないこと

もはや借金返済は不可能で、借金で身動きが取れない、どうしたら良いかわからない、と思考の停止した借金返済に失敗した人が短絡的にやってしまう行動に「夜逃げ」があります。 結論から言えば、「夜逃げ」は最もやってはいけない行動です。

 

借金返済に失敗し、支払いは滞納して、債権者からの督促や取り立てで借金地獄の日々。 たしかに精神を病むほどの辛さだとは思います。 でも、目の前にある債権者や取り立てから逃げたところで、ほっとできるのは束の間で、その後何年もビクビクと息を潜めて暮らさなくてはならないのです。 身分を隠し、そのためまともな定職に就くこともできず、病気になっても、病院にもかかれず、友達も失いひっそりとその日暮らしに耐え忍んでいかなくてはならないのです。

 

しかも、借金返済の時効は、一般的には15年の歳月が必要です。 最低でも、15年はこのような地を這うような生活を送らなくてはならないのです。 それこそ、生き地獄ではないでしょうか?いくら借金返済に失敗して辛いからといっても、夜逃げは百害あって一利なしで絶対にやってはいけないと肝に銘じておきましょう。

 

借金返済計画を建て直してみる

借金返済に失敗した人でも、まだ手遅れになっていない人では、やり方によっては、自力返済がまだ間に合う場合もあります。 複数の金融機関から借金している多重債務者は、金利もトータルで高く支払っていることになり毎月余分に借金返済に費やしていることになっています。

 

こうした無駄を取り除けば、月々の負担も軽減され、前向きに借金返済ができるケースもあるのです。 大手の消費者金融などに事情を説明して「おまとめローン」借金の一本化をするのが良いでしょう。 借金を一本化できれば、毎月支払う金利は低く抑えられますし、返済日も1日だけなので借金の把握もしやすく、借金が減らない根源である自転車操業を防止することができます。

 

借金返済に失敗してどうにもならなくなった場合には債務整理を!!

借金返済に失敗して、もうどうにもならない、自力でのこれ以上の返済は無理だと判断した場合には、夜逃げなどせずに、法的解決手段である債務整理を検討しましょう。 債務整理には、任意整理のように、裁判所を通さずに債権者との交渉によって、返済金額を減らして返せるようするものから、裁判所に申し立てる自己破産のようなものまで様々な手段があります。

 

もはや債務超過でどうにもならない多重債務者の場合には、自己破産免責許可を受けるのがベストでしょう。 免責許可というのは、借金が合法的に帳消しになるという救済措置です。 借金返済に失敗してもうどう考えても手詰まり、という末期的な状態にある人は、この自己破産を真剣に検討した方が良いでしょう。 とはいえ、法律的に素人である債務者本人が方策を決めるより、法律のプロである弁護士などに相談してから決めるべきです。 現在は、ほとんどの法律事務所において、借金問題の無料法律相談をやっていますので、それを利用してみると良いと思います。

 

f:id:exzard314:20170717102133j:plain

まとめ

いかがでしたでしょうか? 借金返済に失敗してしまう人というのは、借りる時にあまり返済計画を立てていない人が多いようです。 「ご利用は計画的に」という消費者金融のキャッチフレーズのように、まずは借金の契約をするときにしっかりと返済計画を具体的に立ててから借りるようにしたいものです。