借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

借金返済しているのにまったく効果が感じられないケースとは?

f:id:exzard314:20170707211808j:plain

「毎月借金返済してるのに、全然借金が減っていく効果を感じられない。」銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなど、ある程度まとまった借金がある人たちがよく口にする言葉として、このような声をよく耳にしませんか? 

なぜ借金返済に関してこのように効果がないと思うような現象が起こってしまうんでしょうか?

その理由や原因をここでは考えていきたいと思います。

 

リボルビング方式の落とし穴

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなどで借金をした場合、その借金返済の方法は、ほとんどの金融機関の場合、リボルビング方式を採用しています。 一般的に、「リボ払い」と呼んでいるシステムです。

 

リボルビング方式の特徴として、借入限度額の範囲内であれば、借金が増えても、月々の借金返済額は一定だという点が挙げられます。 このため、債務者側にとっては、月々の借金返済のための支払額を低額で一定額に抑えられるという大きなメリットがあります。

そのために、特に不都合も感じずに、自動的にリボ払いにしているケースが多いのですが、このメリットが逆にデメリットにも成りうるのです。

 

つまり、借入額が増えても、毎月の借金返済額を低額で一定に抑えられるということは、その分だけ、元金残高の減りは遅くなるということなのです。

ですから、リボ払いで毎月一定額の借金返済をきちんと行っていても、借金が減っていく効果が感じられないことが起こってくるのです。

 

毎月の支払い設定金額が少なすぎる

リボ払いと並んで、借金返済を毎月きちんと行っているにも関わらず、借金が減る効果が感じられない一番の原因として挙げられるのが、毎月の返済設定額が少なすぎるというものです。

 

前述したリボ払いの場合、毎月の借金返済額は非常に低い金額から設定可能です。 そのため、毎月の借金返済の設定金額を最低額にした場合には、ほぼ利息だけを払っている形になり、元金の減りは非常に緩やかで遅いものになるため、毎月返済していてもまったく効果を感じられないんです。

 

これを改善するための方策は借金返済の毎月の設定金額を増やすことです。

 

借金返済のために借金をしている

慢性的な債務者の場合、毎月きちんと借金返済しているにもかかわらず、借金が減っていると感じられない人が多い理由です。

すなわち、「借金返済のためにまた新たに借金をしている」といういわゆる自転車操業状態のケースです。 これは誰がどう考えても、借金が減るわけがありませんよね?

しかも、このような悪循環にハマってしまうと、いつまでたっても借金返済は終わらない無限ループに陥ってしまいます。

 

自転車は、ペダルを漕ぐのをやめると止まって倒れてしまいます。 しかもこれを繰り返していけば、その借金返済のための借金もやがては限度額一杯になり借りられなくなってしまいます。

 

借金返済に効果なし、どころか、いずれは破綻してしまう運命にあるのが借金返済のために借金をする自転車操業なんです。 そうなる前に、おまとめローンなどの借金の一本化を検討するとか具体的な方策を考えるべきでしょう。

 

f:id:exzard314:20170707212116j:plain

過払い金が発生している

毎月ずっと借金返済をきちんとしているのに、借金が一向に減らない、借金が減る効果が感じられない原因に、「過払い金の発生」というものがあります。

 

これは、貸金業法が改正の2010年6月以前からずっと借金を支払い続けている場合です。 過払い金というのは、要するに、支払い過ぎた利息のことです。

 

この過払い金は、今の貸金業法では支払う義務が無いものです。 よって、2010年6月以前から、ずっと延滞もせずにきちんと借金返済を続けてきているのに、借金が減っている効果が感じられない人は、この過払い金を支払っている可能性があります。

 

その余分に支払っていた過払い金も、契約から10年以内の場合には、取り戻すことが可能です。 現在法律事務所ではこの過払い金返還案件に力を注いでいるので、心当たりのある人は、弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。

 

今後も借金が減っていく感じがしない場合は債務整理の検討を!

ここまでは、毎月の借金返済を工夫すれば現状の問題を改善できるというケースを述べてきました。ここでは、どんな手を尽くしても現状では今後も効果が感じられないと絶網的な場合を考えます。 あまり悩みすぎずに法的解決手段である債務整理を検討してみましょう。

 

何をどうやっても今後も借金は減っていかずに借金地獄が続くように感じるケースというのは、明らかに債務超過状態であり、やがて債務不履行を起こし借金で身動きが取れなくなります。 こうなると、もはや自力では解決が難しくなり、法的に解決する手段しかなくなってしまいます。

 

債務整理は、任意整理や個人再生、特定調停、そして自己破産などがあります。 ケースバイケースでどの債務整理の手段を検討した方が良いかは異なってきますが、債務超過で、もう借金返済自体どうにもならないようであれば、自己破産を申し立てるのが妥当でしょう。

 

自己破産は債務整理の最終手段とも言われますが、やはり免責許可を受けることができることが最終手段と言われる理由でしょう。

 

免責許可とは、簡単に言うと、合法的に今ある借金を帳消しにしてもらえるという特例救済措置です。 借金地獄の中にいる多重債務者を救済して、もう一度0から人生をやり直すチャンスを与える特例措置が受けられるのです。

 

債務者によっては、最終手段をしなくてもよい場合もあるので、まずは法律の専門家である弁護士等に相談してみましょう。

 

現在は、ほとんどの法律事務所は借金問題に関して、無料相談窓口を設けているので、一度相談に行って、自分に最も適した債務整理の方法を決めることをオススメします。

 

f:id:exzard314:20170707212239j:plain

まとめ

いかがでしたでしょうか? 毎月きちんと借金返済していても、借金が減っていく効果が感じられない人には様々な原因があります。 思いあたる原因があったら、それに対応した対策を法律の専門家と一緒に考えていきましょう!