借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

30代の債務整理体験談:既婚男性が自分に合った法律事務所を見極めたことで今では平穏な生活を送れています!

f:id:tmkai2:20170926013403j:plain

債務整理時の個人情報

  • ペンネーム:はちさん
  • 年齢:30歳
  • 性別:男性
  • 家族構成:既婚・子供なし
  • 住所:茨城県
  • 職業:公務員・事務
  • 年収:300万円

 

f:id:hirohiro5470:20170902081925j:plain

 

債務整理情報

  • 借入先・種類:銀行・公的融資(カードローン・その他)
  • 債権額:約1500万円
  • 利用したサイトや法律事務所:街角法律相談所・和田彰司法書士事務所

 

借金することになったきっかけ

f:id:tmkai2:20170926013421j:plain

今から13年前、18歳で結婚した私は、前妻の家族と一緒に、マスオさん状態で暮らすことになりました。

ところが、前妻の家族は浪費が激しく、必要な生活費まで使い込む始末。

度々ライフラインが止まることもありました。

そんな状況を見るに見かねて私が生活費のやりくりを買って出たところ、結果的に自分たちの生活費だけでなく、前妻の親兄弟の生活費まで支払うことになってしまいました。

つまり、押し付けられてしまったのです。

当然、月15万円ほどの自分の給料や、前妻のわずかなパート収入だけでは生活費が足りるわけもなく、食費や日用品を購入するためにクレジットカードを作成し、足りない分の生活費をリボ払いで賄うようになってから、借金のループが始まりました。

債務整理しようと思った一番のきっかけ

f:id:tmkai2:20170926013442j:plain

その後、10年ほどの間にみるみるうちに借金を重ね、クレジットカードや公的ローンなどを含め、1,000万円ほどの債務を背負いました。

この頃、そうした家庭の状況や、家計に非協力的な前妻との価値観の相違などにより、精神的に追い詰められていた私は、現在の妻との不倫に手を染めてしまい、その後、前妻とは離婚

現在の妻とはそのまま結婚しましたが、前妻への慰謝料や自らの引っ越し費用などにより、さらに借金を重ねることとなりました。

結果的に1,500万円ほどの債務を背負い、何とか返していこうと現在の妻と決意し合ったのもつかの間。

今度は現在の妻が病気を患い、仕事をすることが出来なくなってしまいました。

この時、自力での返済を断念したことがキッカケとなり、債務整理をすることを決意しました。

法律事務所での相談から債務整理手続き完了まで

f:id:tmkai2:20170926013506j:plain

ネット上でいくつかの法律事務所をピックアップし、メールにて現在の状況を相談しました。

その中で、一番手厚いお返事やご回答をいただいた『和田彰司法書士事務所』に正式に相談をすることにしました。

『街角法律相談所』のサイトを通じて連絡をいただいた法律事務所さんだったのですが、細かな点のフォローアップや連絡のやり取りのスムーズさなどが好印象で、ここにしようと決めました。

正式相談の際も、時間をとって相談に乗ってくれ、その後の申立書の作成に当たっても、度々連絡のやり取りをしていただけて、安心して手続きに臨むことが出来ました。

分割後払いの相談に乗ってもらえたことも、大きかったです。

裁判所には2日ほど出向きましたが、申立書作成の時点で様々な疑問点について確認しながら作成出来たことで、より具体的な申立書を提出することが出来たので、その後は特に大きな問題も無く、手続きを進めることが出来ました。

債務整理して良かったこと、不便に思ったこと

f:id:tmkai2:20170926013526j:plain

債務整理をしたことで、毎月のように返済に追われていた状況から逃れることが出来ただけでなく、ずっと心の中で抱いていた後ろめたい気持ちからも解放され、自分の人生について前向きに考えることが出来るようになりました。

もちろん、迷惑をかけてしまった債権者の方々に対する罪悪感も強く抱いてはおります。

しかし、そうした負の感情を乗り越えてでも、自分の人生を再スタートするんだという決意ができました。

これが債務整理をして良かったことです。

また、債務整理を通じて、適切な家計管理の在り方を学ぶことができたので、借金をしたりカードを作ることはできなくなりましたが、今のところ特に不便は感じておりません。

債務整理経験を振り返って思うこと

f:id:tmkai2:20170926013546j:plain

これまで『自分が何とかしなければ』という思いが強すぎたことが、こうした状況に陥ってしまった原因でした。

しかし、妻に相談し、和田彰司法書士事務所に相談していく中で、少しずつ肩の荷が下りて、心が楽になっていくのを感じました。

債務整理に踏み切るのは、とても勇気と覚悟がいる作業でしたが、今思えば、もっと早く相談していれば、ここまで悪化させずに済んだのではないかと考えます。

自分の人生を改めて振り返ると同時に、今度こそ同じ過ちは犯さないように、妻と協力して生きていこうと決意しています。

これから債務整理をする人へのアドバイス

f:id:tmkai2:20170926013559j:plain

世間には様々な法律事務所があります。

ただ単にネットで探すだけだと、一体どこに頼んでよいかわからず、迷いが出てしまうと思います。

まずは思い切って、複数の法律事務所に現在の状況をメールや電話などで連絡し、それぞれの法律事務所の返答などから感触を自分で確かめると良いでしょう。

また、債務整理をするぐらいの状況ですから、金銭的な困窮状態が考えられます。

分割後払いに対応してくれるかどうか、前払いの費用があるかどうか。

弁護士に依頼するのか司法書士に依頼するのか。

債務整理にあたっては、この辺も判断基準にしながら、自分に合った最善の法律事務所を選ぶことが重要だと考えます。

 

比較的年齢が若いときに大きな借金を抱え、毎日追い詰められる日々でしたね。結婚相手の家族とはいえあまりにもあなたへの負担が大きすぎます。

専門家に相談する際、最初からひとつに絞らず複数の専門家をピックアップすることで自分の希望する返済方法などの条件を叶えてくれる場所が必ず現れます。あきらめずに探すことが大切ですね!これからもがんばってください!