借金返済に困ったらこれを見ろ/借金返済ノート!

管理人も借金返済で困ったウチの一人。コツコツ返済したほうが良いのか、借金返済の時効を待ったほうが良いのか?実際に借金返済で悩んでいる人がシュミレーションできればと思い、記事を作成しました。

30代の債務整理体験談:既婚女性が子供の将来を見据え夫婦揃って債務整理を決断!

f:id:tmkai2:20170912234614j:plain

債務整理時の個人情報

  • ペンネーム:めいさん
  • 年齢:38歳
  • 性別:女性
  • 家族構成:既婚・子供あり
  • 住所:東京都
  • 職業:建築設備会社・経理業務
  • 年収:300万円

 

f:id:hirohiro5470:20170902081925j:plain

 

債務整理情報

  • 借入先・種類:消費者金融(サラ金)
  • 債権額:夫婦で400万円
  • 利用したサイトや法律事務所:代々木法律事務所

 

借金することになったきっかけ

f:id:tmkai2:20171003011212j:plain

夫が結婚前からサラ金での借金があり生活費をあまり家庭に入れず、おかしいと思いつつも普通に生活をしておりましたが、子供を塾に入れたり教育資金がどんどん増えていきました。

夫が高額の趣味のものを購入してきたり、かなり借金していることを知らず贅沢な生活をしていました。

結婚してから最初から借金生活。お金の管理が全くできておらす、見栄ばかりでした。

家具購入も結婚式も見栄の塊の親の言いなりで贅沢でした。

夫は会社の経費として自分のお金を使っていました。

会社から支給される経費を超えて借金で使い込み。

生活費を入れないから私はカード会社から借金

気が付くと私の借金は少額でしたが、借入困難になっていました。

すべて見栄が原因です。

債務整理しようと思った一番のきっかけ

f:id:tmkai2:20171003011343j:plain

生活が困難になったからです。

子供二人いて子供の中学受験など将来を考えたとき、このままではいけない

借金を返済しなくてはと思いました。

お金がないと気持ちにもゆとりがなくギクシャクした生活になりました。

作り笑顔をで生活をし、罪のない子供の寝顔を見て、破綻してはいけない

子供のためにと考えました。

夫も借金の取り立てがあることに気が付いていましたので、おもいきって弁護士のところに相談に行くことを進めました。

嫌そうでしたがこのままではどうにもならないので。

副業は考えませんでした。

子ども養育もありましたので。

夫は残業も多く帰宅が遅いこともありましたので、とにかく借金を減らす方法を弁護士へ相談に行くことしか頭にありませんでした。

法律事務所での相談から債務整理手続き完了まで

f:id:tmkai2:20171003011538j:plain

代々木法律事務所に相談に行き、借金リストを記入し、債務整理がスタート。

仕事を休んで弁護士事務所に何度か出向き残金の確認をし、財産の処分案、毎月返済可能額の確認、今現在返済可能額、今かけているお金。

すべて確認しました。

子供にかけている塾代は減らすことなく、他にしようしているお金の整理をしていきました。

保険の解約をしてお金をかき集め、弁護士費用30万を捻出。

弁護士から各ローン会社に連絡をして取り立ては収まりました

1か月ほどで毎月の返済可能額を算出して、5社、月返済額10万を6年かけて返済しました。

私個人の返済は1年で完了しましたが、夫の返済に時間がかかりました。

夫に巻き込まれての借金生活でした。

債務整理して良かったこと、不便に思ったこと

f:id:tmkai2:20171003011706j:plain

高額の借金がなくなったことで眠れない生活はなくなりました。

ですが、お金が必要な時に今現在手元にお金がないと本当に何もできないことです。

カードローンも組めないですし。

それが何年も続くわけですから大変です。

世帯収入の三分の一は借金に回るわけですから。

節約の日々です。

でも、これを乗り越えたら借金という重荷はなくなり気持ちの上で楽になります。

カードローンはブラックリストに載っていますから当分使用できません。

もしもの時に不安でした。

債務整理経験を振り返って思うこと

f:id:tmkai2:20171003011809j:plain

夫の借金で生活に困窮し私まで借金をし、夫婦で債務整理をしました。

私自身の借金は80万ほどでしたが一世帯での借金額は400万で大変でした。

こんなことは二度とあってはならないと思いました。

車も処分され、ドライブもできなくなりました。

家族旅行も車で出かけることはできません。

外食したくても、洋服が欲しくても常にお金がなく大変でした。

子供がいるとお金もかかります。

それなのにお金がないと何もしてあげられなくて

そんな生活は二度としたくありません

これから債務整理をする人へのアドバイス

f:id:tmkai2:20171003011921j:plain

自分の収入に見合った生活をしてください。

収入を超えて生活をすると、本当にお金が必要な時に使えないということが発生しうるということ。

収入の見込みがあってそれを見込んでお金を使うことも借金へとつながります。

本当にお金があってその中で生活をすることをお勧めします。

子供いればなおのことです。

子どもにお金はかかります。

教育資金、病気をすれば病院代も。

矯正歯科もかかります。

将来のために使用できるお金を確保してあげてほしいと思います。

 

結婚前からパートナーに借金があったこと、そして結婚後もそれが影響してあなた自身も負債を抱えてしまいましたね。

大切な人の将来を考えることで債務整理に踏み切ったということで、それは大きな決断だったと思います。債務整理後は様々な苦労があったと思いますが精神的余裕を取り戻せたことで今まで出来なかった家計のやりくりを冷静に考えることができましたね。やり直しはいつでもできます。悩んでいるあなたは今すぐ相談に行きましょう!